読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外ミステリ・レビュー

……新旧の海外ミステリを中心に

「掠奪の群れ」ジェイムズ・カルロス・ブレイク

大傑作にしてノワール史上に燦然と輝く名作「無頼の掟」「荒ぶる血」に続くジェイムズ・カルロス・ブレイクの翻訳3作目。
実在したギャングらの大胆不敵な活劇を、もはやブレイク節とも言うべき、クール且つ情熱的な筆致で描き出す。登場する男たちは全て、今ここで燃焼することしか考えていない。
その死にざまを含めて制約のある中で、こんなにも愛しい悪漢どもに出会わせてくれるブレイク。早く次を読ませてくれ。

評価 ★★★★★

 

掠奪の群れ (文春文庫)

掠奪の群れ (文春文庫)