読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外ミステリ・レビュー

……新旧の海外ミステリを中心に

「覗く銃口」サイモン・カーニック

相変わらず荒削りながらも、タイムリミット的に疾走する展開で最後まで飽きさせない。タフではあるがやや思慮に欠ける元傭兵と、正義感に溢れながらも不器用で地味な刑事が交互に語る構成。裏切り者が誰かは、途中で簡単に分かってしまうが、アクションシーンの緊迫感に満ちた筆運びは巧い。

評価 ★★★★

 

覗く銃口 (新潮文庫)

覗く銃口 (新潮文庫)