海外ミステリ・レビュー

……新旧の積ん読本を崩しつつ

「源にふれろ」ケム・ナン

発表当時、かなり高い評価を得ていた。
ケム・ナンは、知る限りでは他の作品が翻訳されていないが、すぐにミステリから離れたということか。
デビュー作となる本書も、ミステリというよりもカリフォルニアを舞台にした青春小説で、田舎から姉を捜しにきた青年が、一癖あるサーファーらとふれあいながら成長するさまを描く。
素晴らしいのは、やはりサーフィンのシーンで、主人公の揺れ動く感情を、さまざまな波のうねりにダブらせて視覚的に表現した文章は見事というほかない。

源にふれろ。


深い意味を込めたタイトルだ。

評価 ★★★★

 

源にふれろ (ハヤカワ・ミステリ文庫)

源にふれろ (ハヤカワ・ミステリ文庫)