読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外ミステリ・レビュー

……新旧の海外ミステリを中心に

「血の流れるままに」イアン・ランキン

読み終えて、どうもすっきりしないのは、やはりカタルシスが不足しているからだろう。
ド派手なカーチェイスによる幕開けと謎の呈示は期待を持たせたが、その後の展開は淡々としてサスペンスに欠ける。決着の内容も妥協であり、権力の不正を暴き、トドメをさすものではない。
たぶん、イアン・ランキンはリアリストなのだろう。

骨太な主人公リーバスの魅力ひとつで引っ張る作品。

評価 ★★☆

 

血の流れるままに―リーバス警部シリーズ (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

血の流れるままに―リーバス警部シリーズ (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)