読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外ミステリ・レビュー

……新旧の海外ミステリを中心に

「凶悪の浜」ロス・マクドナルド

ハードボイルド/ノワール

1956年発表、リュー・アーチャーシリーズ第六作。次作に「運命」を控えた過渡期の作品で、書評などで取り上げられることもない作品だが、前進し続けたロス・マクドナルドが力を緩める筈はなく、徹底的に練り上げたプロットと、深味を増した人物描写、さらに洗練された文章を存分に堪能できる秀作である。

本作では、色と欲に蝕まれた人間の業による愛憎が、恐喝から殺人へと転がり落ちていく様を、複雑な人間関係を解き明かしつつ描いていく。観察者兼質問者のアーチャーは、初見から関係者を切り刻み、関係性を把握する。

特に事件の重要な鍵を握る女の表現は流石で、

  ……切りはなされた影のように彼女はその(夫の)あとを追った。

などの鋭利な描写を惜しみなく表出する。あとに、この女は精神を病んでおり、犯罪者の偽装工作に利用されていることが判明する。物語は、人間不信と烈しい暴力に満ち、怒りと悲しみが次の悲劇へと転回させていく。

 

「行為する人間というより質問者であり、他者の人生の意味がしだいに浮かびあがってくる意識そのもである」

著者は、愛する主人公を上記のように表した。

やがて、自我を忘れて透明な存在へ成り果てる男、リュー・アーチャー。終幕は退廃的で、また一歩、孤独な探偵を達観の境地へと導いていくかのようだ。

評価 ★★★★☆

 

 

兇悪の浜 (創元推理文庫 132-6)

兇悪の浜 (創元推理文庫 132-6)