読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外ミステリ・レビュー

……新旧の海外ミステリを中心に

「逃亡空路」スペンサー・ダンモア

スパイ/冒険小説

冒険小説とは、何よりも誇り高き男(女)たちの物語である。自覚した己の弱さを克服し、眼前に立ち塞がる様々な試練を経験と知恵で乗り越え、時に生命の危険を顧みず、強大なる自然の脅威や圧倒的な敵に敢然と立ち向かう。例え他人には愚かと罵られようとも、抑えきれない血の滾りがある限り前進し続ける。その勇姿にこそ冒険のロマンがある。

 スペンサー・ダンモアは、今では忘れ去られた作家の一人だが、本作には冒険小説に不可欠なエッセンスがぎっしりと詰め込まれている。第二次世界大戦末期のドイツを舞台に展開する脱出行は、時にユーモラスで牧歌的、時に凄まじい緊張感を強いつつ、冒頭から感動的なラストまで見事な筆致で描き切る。

英国空軍軍曹で機関士のポラードは搭乗機を撃墜され、ドイツ領内に落下傘降下する。雪の降りしきる極寒の中、重傷を負った上官とともにようやく辿り着いた民家には、一人の若い未亡人トゥルーデと、ヒトラー暗殺に失敗して隠れ住むドイツ人将校アイスナーがいた。敵同士でありながら、アイスナーはポラードを匿い、その上官も救うが、必然的に窮地に立つ。アイスナーは、今では愛し合うようになっていたトゥルーデの安全を確保したのち、ポラードとともに無謀ともいえるドイツ脱出の決意を固める。

上官から拝借した少佐の軍服に身を包み、幾度の危機を脱していくポラードだが、平凡な人生を送っきた己に自信を持てず、たえず弱音を吐く。しかし、嘗てはドイツの英雄でありヒトラー直々に一級鉄十字勲章を受けつつも、今は追われる身となったアイスナーと行動を共にすることで、徐々に人間的な成長をみせる。この奇妙な友情ともいうべきものが二人に芽生えていく過程が丹念に描かれていく。

逃亡に失敗し、やむを得ずドイツ領内に舞い戻った二人は、戦闘機メッサーシュミットを奪い、空からの脱出を試みようとする。しかし、ポラードにはパイロットの経験は無く、今は亡き戦友から聞きかじった知識があるだけだった。直前まで俺には無理だと怖じ気づくポラード。それに対し、アイスナーは明るい調子で平然と言う……「さあ、行こう」。空へ、海へ、イギリスへ。ドイツ戦闘機は飛び立っていく。

〝相棒〟アイスナーが寄せる信頼に全身全霊で応えるポラード。胸に迫るクライマックス。生命を懸けた二人の冒険は、悲劇的でありながらも心地良い余韻を残して終わる。

久しぶりに「読んで(出合えて)良かった」と思える一冊だ。

評価 ★★★★★☆☆

 

 

逃亡空路 (ハヤカワ文庫 NV (364))

逃亡空路 (ハヤカワ文庫 NV (364))