読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外ミステリ・レビュー

……新旧の海外ミステリを中心に

「ブラック・ハート」マイクル・コナリー

ハードボイルド/ノワール

ハリー・ボッシュシリーズ第3作。前作までの荒々しさが消え、プロットはより練り込まれ、洗練されている。三人称でありながら主人公に視点をしっかりと据え、その行動を通してしか物語が進行しない。このシリーズがハードボイルドたる所以の一つであり、ミステリとしても重要要素である。

娼婦らを狙った連続殺人犯〝ドールメイカー〟の住居に単独で乗り込み射殺したボッシュは、その4年後、無実を主張した男の妻から訴えられる。男の住居からは犯行を裏付ける証拠が見つかっていたが、幾つかの相違や矛盾する点もあった。裁判が進行する中、男のアリバイを証言する者が出現。さらには自らを〝ドールメイカー〟と名乗る者によって、同様の手口による新たな殺人事件が発生し、ボッシュは窮地に立たされる。4年前に葬った男が真犯人であることを確信しつつも、模倣犯と思しき殺人者がなぜ〝今〟になって姿を現したのか。原告側の敏腕弁護士との熾烈な対決で神経を消耗しつつも、ボッシュは改めて不可解な事件の真相を探るべく、まずは警察内部へと疑いの眼を向ける。

その名もチャンドラーという女性弁護士が、確たる証拠を事前に入手しないまま容疑者殺害に至るボッシュの動機がトラウマにあるとするくだりは、優れた法廷劇でもある本作の隠れた山場であろう。過去に被害者らと同じく娼婦であったボッシュの母親は殺害され未解決となっている。事実に根差した推測でありながらも心理的な攻撃を容赦なく放つチャンドラーに対し、ボッシュは煮え滾るような怒りを抑え、あくまでもクールに立ち振る舞う。自己弁明よりも事件解決を優先させる刑事としての誇りを表すエピソードが物語に深みを与えている。巧い作家だ。

評価 ★★★★

 

ブラック・ハート〈上〉 (扶桑社ミステリー)

ブラック・ハート〈上〉 (扶桑社ミステリー)

 

 

 

ブラック・ハート〈下〉 (扶桑社ミステリー)

ブラック・ハート〈下〉 (扶桑社ミステリー)