読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外ミステリ・レビュー

……新旧の海外ミステリを中心に

「眠れる美女」ロス・マクドナルド

ハードボイルド/ノワール

1973年発表リュウ・アーチャーシリーズ第17作。錯綜する謎は終盤に向かうほど乱れ縺れていく。ラストシーンで暗鬱なる真相へと辿り着いたアーチャーは、ひとときの安らぎの中で眠る娘の額に口付ける。美しくも哀しい、心に残る幕引き。ミステリ史に残る傑作群を発表した円熟期を経て、ロス・マクドナルドが到達した境地の何と凍てついていることか。
荒んだ家庭の悲劇を厳しい眼差しで見つめ続けた男は、さまざまな末路へと至る卑しい人間の業を声高に誹ることなく、渇いた感傷のみ残して立ち去っていく。彼の作品の中でも複雑さにおいてはずば抜けているプロットを持つ「眠れる美女」は、筋を追うだけでも大変なのだが、終章で氷解した後に改めて物語を振り返れば、隅々に至るまで緻密に構成されていることが分かる。前作「地中の男」では山火事、本作では石油流出事故が、愚弄なる社会悪の象徴として暗流に留まり、展開の起伏に呼応するかのように勢いを増して不安を煽り脅かす。物語全体を揺り動かすのは、愛するが故に一層重くのし掛かる不信であり、善悪の狭間であまりにも脆く崩れ去り、現状に耐えきれず罪を犯さざるを得ない人間の悲劇である。
ロス・マクドナルドでしか味わうことのできない芳醇な比喩は、対象を簡潔に切り詰めて描写するハードボイルドのスタイルからは乖離しているかもしれないが、その世界観は孤高であり、生々しい感情を鋭く抉り取ることにおいて、他の作家の追随を許さない。

眠れる美女」において儚い愛情の萌芽さえ感じさせるアーチャー。ロス・マクドナルドは、孤独な男の「それから」にどのような想いを込めていたのだろう。


評価 ★★★★★

 

眠れる美女 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

眠れる美女 (ハヤカワ・ミステリ文庫)