読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外ミステリ・レビュー

……新旧の海外ミステリを中心に

「ホプキンズの夜」ジェイムズ・エルロイ

空回りした情念によって構成が乱れ、前作「血まみれの月」にあったドス黒い世界観まで打ち壊す明らかな失敗作だ。この後、エルロイは「ブラック・ダリア」という凄まじい傑作を上梓するのだが、デビュー以降の長い模索期に創作したホプキンズ・シリーズは、独自のノワールを確立する所謂「暗黒のLA三部作」に達するまでの長い試作期間ともいえる。部長刑事ロイド・ホプキンズ登場の第2作目となる本作には、その迷いと焦りがはっきりと表れているように感じた。
カリスマ的な精神科医のもとに集い、洗脳されていく成金やエリートたち。擬似宗教家は己の妄想を現実化するために、殺人や強盗などの試練を与えて達成することを要求。やがて失踪した元警官もその一派に加わっていることが判明する。同時期に警察内部からホプキンズを含む6人の資料が盗まれており、ホプキンズは些少な手掛かりから真相を追い求めていく。

「…の月」が秀れていたのは、殺人者とホプキンズの「狂気」が臨界点で一致し共鳴するさまが見事に描かれていたからなのだが、本作では最後まで乖離しており、展開も凡庸なものだ。通常の警察小説であれば「善と悪」の対照に違和感などないが、エルロイに求めることとは別次元の世界での対決であり、その果てのカタルシスである。人間の暗黒面を題材とはしているが、プロットと同様に咬み合わない刑事と殺人者のやりとりは破綻したままに暴力的決着をもって終幕を迎える。

評価 ★★

 

ホプキンズの夜 (扶桑社ミステリー)

ホプキンズの夜 (扶桑社ミステリー)