海外ミステリ・レビュー

……新旧の積ん読本を崩しつつ

「弁護士の血」スティーヴ・キャヴァナー

全編にみなぎる熱量が凄い。一時期ミステリ界を席捲したリーガル・サスペンスの一種だろうというバイアスは、幕開けから覆される。本作は、臨界点まで追い詰められた男の闘いを、圧倒的な筆力で活写した血が滾る傑作である。

舞台はニューヨーク。弁護士エディー・フリンは、朝食に立ち寄った店のトイレ内で、前触れなく背中に銃を突き付けられた。瞬時に体が反応する。背後に立つ男の脅し文句と所作から、即座に相手の素性と特徴を推察。銃の男が右利きであることを見取り、左側の隙から反撃する手順を脳内で辿る。一介の弁護士としては並外れた挙動。だが、もう過去の自分ではないと自戒し、冷徹に情況を見極める。僅か冒頭1ページ。主人公の現在と過去を明快に伝える見事な描写だ。
店から連れ出された弁護士は、小型爆弾を装着され、超高級車に放り込まれる。車内で待っていたのは、悪名高いロシアン・マフィアのボス、ヴォルチェックと手下だった。フリンの幼い娘を人質に取ったと告げ、その日から始まる裁判の弁護を強制する。用心棒が、鞄の中から黒い塊を取り出す。それは、ヴォルチェックの弁護士で、フリンの元相棒の首だった。
己の誤算/判断ミスによって惨たらしい結末に至った或る事件を切っ掛けに、仕事から離れ、酒に溺れ、妻にも愛想を尽かされ、やさぐれていった男。だが、一秒たりとも悔恨に浸る暇は無かった。愛する娘を再び抱き締めるために、過酷で壮絶極まりない長い一日が始まる。

原題は「ディフェンス」。恐らく、攻撃に対する防御と、法的な弁護という重層的な含みを持たせているのだろう。危険な情況を的確に掴み、僅かな逃げ道を見付け、敵の盲点を突き、策略を逆手に取り、機を見て反撃に移る。ギャングの親玉を救わなければ、娘の命は無い。最も愛する者を助けるために、最も憎む者に手を貸さねばならない。この地獄のジレンマに揺れる心理描写が巧い。
ヴォルチェックは、裏切り者を消すために命じた証拠を掴まれて逮捕されたが、多額の保釈金を積んで釈放されていた。間もなく、不可解にも自白した殺し屋が証人として出廷する。朝、弁護士が身に付けた爆弾は、セキュリティを潜り抜け、殺し屋の口を封じるための道具だった。裁判の展開次第で大きく流れは変わる。その時が来るまでに、娘を救出し、ヴォルチェックに鉄槌を下さねばならない。

間違いなく有罪判決が下る鬼畜を、どのようにして弁護するか。守りつつ、攻めるか。フリンは法廷に立つ一方で、裁判所内で培った人脈を利用して娘の行方を捜す。その過程で徐々に弁護士自身の足跡が明らかとなっていく。つまりは、序章で片鱗を示した只者ではない主人公の実体だ。
フリンは、決して真っ当な路を歩んできた男ではなかった。恩師となる裁判官に出会う以前は、親譲りの卓越したスリ師であり、保険金詐欺で荒稼ぎしていた犯罪者だった。父親を失った原因が保険会社と結託した弁護士にあり、その復讐を兼ねていたのだが、結局はアウトローに成り果てたに過ぎなかった。だが、長年にわたって作り上げていた闇社会との太いパイプが、その日に役立つこととなる。マフィアに対抗するにはマフィア。それも、闇社会での情報力に長け、容赦無き暴力を行使する者ども。フリンは躊躇うことなく、その悪の力を借りる。この痛快な逆転劇から、物語はさらに勢いを増して疾走していく。
法廷戦術では強引さが目立つが、破綻する間際で食い止め、読者を鷲掴みにしたまま、終始引っ張り回す。予測を裏切り、二転三転するプロット。とにかく主人公の冴え渡る瞬発力には瞠目するのだが、迸るエネルギーは決して不快ではない。終盤では、ハリウッド映画張りの活劇シーンを用意し、疾風怒濤の物語は最高潮を迎えて終焉する。

本作の実態は、タフな男の私闘/共闘を主軸としたヒーロー小説で、リー・チャイルドのリーチャーシリーズを彷彿とさせる。北アイルランドベルファスト出身という作家のバックボーンも、熱気を帯びた世界に繋がっているのかもしれない。続編に大いに期待だ。

評価 ★★★★★

 

弁護士の血 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

弁護士の血 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

 

 

「シベリアの孤狼」ルイス・ラムーア

1986年発表、ほぼ全編にわたりサバイバルが展開する異色作。主人公は、米国空軍少佐ジョー・マカトジ。最新鋭機のテスト飛行中、ソ連GRUの策略で強制着陸させられ、収容所送りとなる。男は機密を漏らすことなく即効脱走する。眼前に拡がるのは、荒涼とした極寒の地シベリア。米国先住民族スー族の直系であるマカトジは、己に流れる血を信じて、アラスカを目指すことを決意する。

ボリュームもあって大いに期待したのだが、読後感は薄い。反体制の徒党との出会いや、束の間のロマンスなど、読者を飽きさない様々なエピソードを絡め、テンポは良い。だが、ラムーアの〝本職〟がウエスタンということも一因なのか、読んでいる最中は常に違和感があった。冒険小説専門の書き手であれば、本領発揮とばかりに力を込めて描く情景があっさりと流れていくのである。厳しい自然の中で生き残るための知恵。追っ手を如何にして欺き、撒いて、機を見て反撃するか。無論、物語はそのように展開するのだが、一向に高揚感がない。熱くならない。マカトジと同様の能力を持つ殺し屋も登場させて、中途で何度も伏線を張っているのだが、対戦することがないままに物語は終わる。これには唖然とした。
本来であれば、限界的状況の中で「野性の血」が呼び起こされていく過程こそが、最大の読み所となる。だが、超人的な生命力を備えている理由は「インディアンだから」のひと言で済ませ、初っ端から異常なまでの能力で逆境を潜り抜けていく。主人公の過去や生い立ちの掘り下げが足りないため、ヒーローとしての魅力が付加されない。強い者は、最初から強い。これでは、漫画と変わらない。
ラストも拍子抜けするくらい淡白なのだが、恐らくこれが「米国の国民的作家」ラムーアの持ち味であり、限界でもあるのだろう。毒にも薬にもならない作品。

評価 ★★

シベリアの孤狼 (二見文庫―ザ・ミステリ・コレクション)

シベリアの孤狼 (二見文庫―ザ・ミステリ・コレクション)

  • 作者: ルイス・ラムーア,中野圭二
  • 出版社/メーカー: 二見書房
  • 発売日: 1987/09/01
  • メディア: 文庫
  • 購入: 1人 クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

「大統領に知らせますか?」ジェフリー・アーチャー

英国の政治家で小説家のアーチャーは、下院議員時代に偽証罪で投獄されるなど、その波乱に満ちた半生は広く知られている。実刑判決を受けて2年にも及ぶ刑務所生活を送り、出所後に発表した獄中記がさらに話題になるなど、転んでもただでは起きぬ逞しさ/図太さを持っている。当然のこと創作にも生かされ、現在もベストセラーを連発する旺盛な活動を続けている訳だから、バイタリティ溢れる〝曲者ぶり〟には感服せざるを得ない。

本作は、題材としては使い古された米国大統領暗殺計画をストレートに描いたものだが、エンターテインメント性を重視し、スパイスの効いた味付けで巧みに料理している。旧版ではケネディ家の四男エドワードが大統領となる近未来の設定、新版では米国初の女性大統領としている。この変更は大した差ではなく、メインとなるのは暗殺グループの割り出しと、決行阻止までのタイムリミット・サスペンスである。誰が主人公なのかを明確にしない序盤の展開には驚くが、徐々にFBI新人捜査官アンドリューズの活躍に焦点を絞りつつ、多彩なエピソードを交えてテンションを上げていく。

自らストーリーテラーを名乗るだけあって筋運びは巧く、読者を楽しませるこつをしっかりと押さえている。ストーリーには絡まないが、ウォーターゲート事件のスクープで名を馳せた「ワシントン・ポスト」のバーンスタイン記者も一瞬登場させている。大統領が狙われる原因となった銃砲所持規制法案に対して、時流を読み自説をさっさと曲げる上院議員の釈明会見、その卑しい保身ぶりを嗤うバーンスタインの「合いの手」が傑作だ。さらには物語の中で何度も繰り返される「大統領に知らせますか?」という問い掛けが、時と場合によって重みを変えていく。その苦いユーモアとシニシズムを漂わせた筆致が、本作の魅力をより一層高めている。枝葉の面白さが物語全体に生彩を加え、軽快なリズム/テンポを生み出す。アーチャー会心のスリラーといえる。

評価 ★★★★

新版 大統領に知らせますか? (新潮文庫)

新版 大統領に知らせますか? (新潮文庫)

 

 

「深い森の灯台」マイクル・コリータ

ホラーと謎解き/ミステリのクロスオーバーは格別珍しいものではないが、重点の置き方で印象はがらりと変わる。いかにして読者を怖がらせるか、心理的に追い詰めていくか。謎が魅力的であればあるほど、闇が深ければ深いほど、物語は面白くなる。

海から遠く離れた深い森の中に奇妙な姿をさらす灯台の周辺で、断続的に起こる不可解な死。保安官代理キンブルは、灯台の建築主であり、住人でもあった老人が死の間際に残した言葉から、過去と現在を繋ぐ糸を手繰り始める。折しも、麓に移転してきた猫科大型獣の保護施設では、夜な夜な虎や豹がただならぬ気配を感知し、脅え、咆哮した。主のいない塔からは光が放たれ続け、それに呼応するが如く妖しい青い松明が闇の中を彷徨う。やがて、大事故や殺傷事件が灯台を取り囲む限定エリア内で起こっていた場合、本来なら死んでいるはずの人間が奇跡的な生還を遂げていた事実が明らかとなる。事態は重苦しい狂気の様相を呈し、キンブル自身の運命をも大きく変えていく。

文章は平明ながら、色彩や音、匂いや肌触りなど五感を刺激する描写で、異常な情景を的確に伝えている。真相を探るほどに、深層へと墜ちていく謎の実体。終盤へ向かうほどに、高まり、重みを増す緊張/重圧感。その構成力は見事で、クライマックスでは一気に暗黒のトランスへと導く。
生と死の境界を越えることの恐怖、日常と〝異形〟の世界を超えることへの麻薬のような陶酔。本作を読み終えて真っ先に浮かんだのだが、ハードボイルドとオカルトを見事に融合させたウィリアム・ヒョーツバーグの傑作「墜ちる天使」だった。プロットやムードは異なるものの、宿命に抗う人間が辿る末路、その無常観に共通するものを感じた。両作とも、余韻は重く、ひたすらに哀しい。

評価 ★★★★

 

深い森の灯台 (創元推理文庫)

深い森の灯台 (創元推理文庫)

 

 

 

「ちがった空」ギャビン・ライアル

大空を翔る男たちのロマンに彩られた航空冒険小説。1961年発表、しっかりとした骨格を持つライアルのデビュー作で、宝捜しというオーソドックスなテーマに挑んでいることからも、新参者としての熱い意気込みが伝わってくる。
第二次大戦が引き金となり英国領から分離独立したインド・パキスタン。その混乱期に失われたインド王室の財宝を巡り、エーゲ海を舞台に争奪戦が展開する。主人公は、雇われパイロットのジャック・クレイ。腕は確かながら、過去の非合法活動がもとで英国国籍を離れている。あとに行動を共にするのは、ライバルであり親友でもある敏腕飛行士ケン・キトソン。この二人の共闘を軸に、宝石を追い求めるアウトローらの姿を描くのだが、酸いも甘いも噛み分ける成熟した男、ライアルならではの筆致で、狡猾な「犯罪」ではなく、爽快な「冒険」としての世界観を構築している。二人を待ち受ける苦いラストは、後の名作「深夜プラス1」でも深化する情景へと繋がるものだが、結局はカネや名誉ではなく、男としての誇りが全てを決定付ける冒険小説本来のエッセンスを凝縮したものだ。
臨場感溢れる飛行シーンも多彩で、冒険小説ファン感涙の名機ダコタDC3や独特なスタイルが魅力のピアッジオは、空を飛ぶことの喜びへといざなう。
ライアルの初期作品には、現代の作家が見失っている紛れもない香り高い「浪漫」があり、儚くも美しい夢がある。

評価 ★★★

 

「パーフェクト・キル」A.J.クィネル

本作発表の1992年時点ではまだ覆面作家だったクィネルが、処女作と同じ元傭兵クリーシィを主人公に据えた作品。以降シリーズ化しており、結末で次に繋がる流れを用意している。

1988年12月、パンナム103便がテロによって爆破された。乗員乗客全員が死亡、落下地スコットランドの住民らをも巻き添えにした。その中にはクリーシィの妻子もいた。同事件で妻を失った米国上院議員接触し、情報と軍資金を調達。首謀者をパレスチナ人民解放戦線の議長と絞り込んだクリーシィは、居住していたマルタの島ゴッツォで、報復の機を待つ。
己の復讐完遂のために、クリーシィは無名の女優と偽装結婚した上で、孤児の少年を養子に迎えて「殺人機械」に鍛え上げる。その必然性が極めて薄い。「補助役」として利用された少年には、当然「母親」への愛情が芽生えていく。物語の大半を占めるのは、かりそめの家族に感情の揺らぎが生じていく過程だが、須く暴力的な末路へと至るため、クリーシィの非情さのみが浮き立つ。

「燃える男」(1980年)から、10年以上を経ての復活となったが、「メッカを撃て」や「血の絆」など高水準の冒険小説を上梓しながらも、結果的にデビュー作を超えるものを生み出せなかったことと、作家自身のアイデア枯渇なども要因としてあったのだろう。マフィアを相手に壮絶な復讐劇を繰り広げる傑作「燃える男」は、狐狼の血の滾りを熱い筆致で描き切り、読了時のカタルシスは相当なものだった。本作もプロットはシンプルな復讐譚だが、活劇小説としての完成度は低いと言わざるを得ず、残念ながらクィネルの魅力を存分に味わえるとは言えない。次作への単なる伏線ともいうべき長い序章を読まされた気分だ。

評価 ★★

パーフェクト・キル(新装版) (集英社文庫)

パーフェクト・キル(新装版) (集英社文庫)

 

 

「ラジオ・キラー」セバスチャン・フィツェック

ベストセラーを連発するドイツの新鋭フィツェック2007年発表の第二作。一般市民をも巻き込んだ特異な犯罪の顛末を描く。

ベルリンのラジオ局を一人の男が占拠した。放送を通して、或る条件を満たさなければ、人質を順に殺していくことを告げる。要求は、行方不明となった婚約者を捜し出すこと。だが、その女レオニーは半年以上も前に自動車事故で死亡していた。男は、謀略による擬装された死であることを主張する。爆弾と銃で武装した実行犯の名はヤン・マイ。狂気を秘めつつも、周到な計画や言動から、少なからずの教養を感じさせたが、遂には最初の犠牲者が出てしまう。一方、警察はレオニー死亡時の状況を再調査しつつ、ヤンとの駆け引きを続けるが、上層部は武力突入を強行する人命無視の不可解な動きを見せた。交渉の主担当としてベルリン警察特別出動隊のイーラ・ザミーンが呼び出されるが、彼女自身も大きな問題を抱えていた。不特定多数の聴取者のみが人質の命運を左右する緊迫した状況の中で、事態は予測不能の展開へと急速に流れていく。

サイコ・スリラーという触れ込みだが、序盤早々で知能犯であることを示唆し、以降も猟奇的な犯罪を描くことはない。二重三重にツイストを利かせたプロットはスピード感に満ちるが、アイデアを盛り込み過ぎて、やや雑になっているという印象。主要人物らは、それぞれの動機を抱えて行動するのだが、中には首をかしげる動因もあり、人間はそれほど短絡的ではないという思いがした。
主人公格となる交渉人イーラは、長女が自殺するという心的外傷を抱えたアル中で、常に自殺願望に捕らわれている。追い打ちを掛けるように、人質の中には疎遠となっていた次女が含まれており、子を二人とも失いかねない恐怖のもとで、イーラは決死の交渉に臨んでいく。中盤以降は、イーラとヤンによるトラウマ合戦ともいうべきやりとりが続き、恐らくフィツェックが最も力を入れたパートと感じたが、心理学的な掘り下げが足りず、最後に明かされるイーラの長女が自殺した理由も納得できない。また、ヤンとレオニーの関係性と中途で明かされる過去もご都合主義的な強引さが目立つ。当然、リアリティよりも筋立ての面白さを優先しているのだが、人間の死を軽く考えているような節に加え、どんな状況下でも死なない「不死身」の主人公がいかにも作り物めいて興醒めした。

 評価 ★★★

ラジオ・キラー

ラジオ・キラー