読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外ミステリ・レビュー

……新旧の海外ミステリを中心に

「骨折」ディック・フランシス

派手さはないが、渋い秀作。
一行目からの刺激的独白による開幕は、全シリーズ通しての馴染みのものだが、その後の展開は、一人の甘ったれたガキが、誇り高き主人公との関わり合いの中で、人間として成長していくさまをじっくりと描いていくもので、虚飾を剥ぎ取ることでようやく大人への一歩を踏み出すところで小説は終わっている。
やはりフランシスは巧い。

評価 ★★★

 

骨折 (ハヤカワ・ミステリ文庫 1-11 競馬シリーズ)

骨折 (ハヤカワ・ミステリ文庫 1-11 競馬シリーズ)