読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外ミステリ・レビュー

……新旧の海外ミステリを中心に

「将軍の娘」ネルソン・デミル

巧い作家だ。プロフェッショナルと呼ばれるためには、ネルソン・デミル並みの力量を持たねばならないのだろう。米国陸軍基地内で将軍の娘が殺された事件を巡るメインプロットはストレートなミステリなのだが、舞台背景も含めてテーマの掘り下げが広く深い。読み終えて心に残るのは、軍隊という異常な状況下で捩れていく人間の脆弱さであり、卑しい業がもたらす無残な奈落の有り様である。軍人という虚飾を剝がせば、権力欲と色情をまとった生々しいまでの本能が現れ、一旦亀裂が入れば一瞬で崩壊する危険極まりない体質であることを、元軍人であるデミルは自らの経験を元に容赦なく白日の下に曝すのである。

飾らない文章は的確に情景を描写し、個性豊かな登場人物たちをきっちりと読者に印象付けていく。端役であろうとも手を抜かず、シーン毎に不可欠な役割を与えている。細部まで緻密に張られた伏線が、最終的には大きなうねりを経て一本へとまとまり、物語全体を揺り動かす。後半からクライマックスまで、徐々に高まっていくサスペンスは見事という他ない。
事件の捜査にあたるのは陸軍犯罪捜査部(CID)捜査官ブレナーで、卓越した洞察力で軍部の権力者に切り込んでいくさまは爽快感に満ちる。コンビを組むのは束の間不倫関係にあった捜査官サラ。この二人の絶妙なやりとりも読みどころのひとつなのだが、再会後は互いに惹かれながらも素直になれない大人の恋愛模様を展開していく。主題である将軍の娘の歪んだ愛憎とは対称的に描かれており、挿話としてストーリーに彩りを添えている。

冷徹で皮肉屋、仕事では徹底した玄人ぶりを発揮する主人公は、デミル作品に共通するヒーロー像のようだ。本作では派手な活劇こそないものの誇り高い男の行動を活写し、ハードボイルドのテイストさえも感じさせる。現代エンターテイメント小説界において最高峰の書き手であるネルソン・デミルの魅力を存分に楽しめる一冊だ。

評価 ★★★★★

 

将軍の娘〈上〉 (文春文庫)

将軍の娘〈上〉 (文春文庫)

 

 

 

将軍の娘〈下〉 (文春文庫)

将軍の娘〈下〉 (文春文庫)