読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外ミステリ・レビュー

……新旧の海外ミステリを中心に

「ファイアスターター」スティーヴン・キング

モダンホラーの帝王、スティーヴン・キング渾身の傑作。
米国政府秘密機関によって超常能力開発のための実験台とされた若者たち。殆どが適応出来ずに廃人となり、狂い死ぬ。だが、或る男と女は微力ながらも力を供え、二人は結婚し、やがて娘を授かる。類稀なる念力放火の能力を宿し、暗い宿命を背負うこととなる一人娘を。
とにかく、圧倒的な筆力で読ませる。国家権力対個人というシンプルな構図の中に、余りにも深い愛情で結ばれた親子の虚しい逃亡、追い詰められ結末へ向けて一層増していく悲劇、悪魔的な残忍性を伴い娘を狙う殺し屋の異常性、それを体現する恐怖、異能者のみが持ち得る優越、その表裏一体となる孤独感、それらを繊細且つ大胆に盛り込み、終局で一気に爆発させる。凄まじいまでのカタルシス。キングは、やはり凄い作家である。

評価 ★★★★★

 

ファイアスターター (上) (新潮文庫)

ファイアスターター (上) (新潮文庫)

 

 

 

ファイアスターター (下) (新潮文庫)

ファイアスターター (下) (新潮文庫)