読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外ミステリ・レビュー

……新旧の海外ミステリを中心に

「テキサス・ナイトランナーズ」ジョー・R.ランズデール

ノワールの萌芽を文体から感じることはできるが、狂気に蝕まれた少年たちの殺戮を描くことに終始し、意味あり気な構成をとりながらも、雰囲気重視の空虚なプロットのため、後味の悪いホラー映画に影響を受けた作品という感想しかない。解説を書いている馳星周が如何にも好みそうなダークな暴力に満ちてはいるが、狂っていくまでの過程が説明されず、当然のこと登場人物らの造形が浅いため、無残な破滅へと至る終幕であっても、そこから得られるカタルシスは薄い。作中でも触れているが、恐らくサム・ペキンパーの「わらの犬」へのオマージュなのだろう。

評価 ★★

 

テキサス・ナイトランナーズ (文春文庫)

テキサス・ナイトランナーズ (文春文庫)