読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

海外ミステリ・レビュー

……新旧の海外ミステリを中心に

「ダブル・ショック」ジェイムズ・ハドリー・チェイス

サスペンス/スリラー

ハドリー・チェイス、1959年発表作。

主人公はテレビ・ラジオのセールスマンであるレーガン。ある日、引っ越したばかりのディレニイ夫妻宅を訪れたレーガンは、自動車事故で下半身不随となった夫・ジャックの妻であるギルダに一瞬で魅せられ男女の関係を持つ。ギルダを手に入れるためにジャックの殺害を謀ったレーガンは、アリバイ工作の上、テレビを使った感電死のトリックを仕掛けるが、やり手の保険調査員の登場で完全犯罪は脆くも崩れていく。

小品だが、チェイスの成熟したサスペンスを堪能できる秀作。主人公を翻弄する悪女・ギルダの描写は控えめだが、やがて明らかとなる事件の真相は、男の価値は大金を手にする時のみ認めるという女の「魔性」の怖さと、それでも騙され続ける男の愚かさを皮肉るものだ。チェイス流のサディスティックなファースといったところか。

評価 ★★★

 

ダブル・ショック (1961年) (創元推理文庫)

ダブル・ショック (1961年) (創元推理文庫)